Blog!

Blog

あげいし建築工房の「間取り会議」:狭小地でも広く暮らせる間取りの工夫

2018-04-26
せっかく家を建てるなら、土地は広いほうがいい。そう思っていませんか?
確かに坪数が多い土地は、家のプランニングの自由度も高く、広々暮らせるように感じます。けれど、広い土地はそれだけ土地代もかさみますし、取得後の固定資産税も高くなります。
 
だからこそ、おすすめなのが程よく広すぎない土地で、広々暮らせる設計の工夫を盛り込んだ家づくり。例えば建坪25坪の住まいでも、4人家族が広さを感じながら暮らすことは十分に可能です。
 
狭小地の家づくりで開放的な住まいを叶える工夫はいろいろあります。ご提案のひとつはスキップフロアです。扉をつけなくても空間を区切ることができ、圧迫感を感じさせない住空間が実現します。
 
また、いずれは成長して家を出る子どもたちのための子ども部屋は小さめに。
代わりにリビングを広くする間取りもおすすめです。家族がLDKで過ごす時間が増えれば、自然と家族のコミュニケーションも生まれます。
 
他にも、あげいし建築工房では、視覚的にも広さを感じられる工夫をいろいろご提案。
 
例えば…
・空間を広く見せるために扉をなるべくつけない間取り
・床から天井までの高さのドアを使う
・窓枠が華奢な見た目の窓を選ぶ
 
など、たくさんの家づくりを手がけてきたからこそのアイデアが豊富です♪
 
狭小地でも広々暮らせる家作りなら、ぜひ私たちにお任せください!
あげいし建築工房株式会社
〒471-0046
愛知県豊田市本新町9丁目3-1
TEL.0565-42-2151
FAX.0565-42-2181
1.■総合建設業
2.■新築住宅の設計、施工
3.■既設住宅のリフォーム、修繕
4.■損害保険代理店業務