本文へ移動

Blog!

Blog

シロアリの種類と群飛の時期

2018-03-06
実は、シロアリは春から秋頃が群飛の時期なんです。“群飛(ぐんぴ)”とは、読んで字のごとく、群れをなして飛んでくることです。もしかしたら、大切な家にシロアリが群飛でやってきているかもしれません。
 
日本でのシロアリによる住宅の被害は主に次の3種類です。
ヤマトシロアリ、イエシロアリ、アメリカカンザイシロアリ。群飛の時期や特徴は少しずつ異なります。
 
● ヤマトシロアリ
群飛時期は、4月~6月頃。黒色で足先と背中の一部は黄色。
湿った木材を好み、土壌からの侵入がほとんど。局所的な被害でとどまります。
 
● イエシロアリ
群飛の時期は、6月~7月頃。茶褐色の体色。
ヤマトシロアリと同様に湿った木材を好み、土壌からの侵入がほとんどです。でも被害は広範囲となり、同時に複数の家に及び、最被害も多いのが特徴です。
 
● アメリカカンザイシロアリ
群飛の時期は、6月~10月頃。頭と背中の一部は赤褐色で、ほかは黒色。
乾いた木材を好み、屋根裏や2階の窓枠など高所から侵入してくる場合も。建物全体に被害が及ぶこともあります。
 
シロアリも種類ごとに入ってくる経路や見た目が違うのがお分かりかと思います。
もしも家の土台となる基礎部分に、土と木材をつなぐ “蟻道(ぎどう)”があったらご注意ください。蟻道はシロアリがいるサインの一つ。もしも蟻道を見つけたら、シロアリがいるかを確認して駆除をする必要があります。
使う駆除剤により異なりますが、一般的な薬剤の効果は5年程度。一度対策をしたとしても、定期的に駆除剤を使う必要があるんです。
ぜひ、この機会に家のまわりのチェックをしてみてはいかがでしょうか。
 
ご相談やお困りのことがありましたら、あげいし建築工房までご連絡ください。速やかに対応させていただきます(^^)
 
【お問い合わせフォーム】
http://www.lifeart-ageishi.co.jp/publics/index/114/
あげいし建築工房株式会社
〒471-0046
愛知県豊田市本新町9丁目3-1
TEL.0565-42-2151
FAX.0565-42-2181
1.■総合建設業
2.■新築住宅の設計、施工
3.■既設住宅のリフォーム、修繕
4.■損害保険代理店業務
TOPへ戻る